読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KANEKO.TV

KANEKO.TVは金子洋平のブログです。


Google Analytics(アナリティクス)の「セッション」とは

f:id:kanekotv:20141220130437j:plain

Googleが提供している無料のアクセス解析ツールGoogle Analytics」(アナリティクス)、使ってますか?

無料とは思えない程の高機能でECサイトなどにも活用ができます。

中でもよく質問のある「セッション」です。

ユーザーはよくご存知のユニークユーザー数です。
解析期間中、同じPCやスマホから何回アクセスしても変わらない数になります。

ページビューもその名前から分かる通り、サイト内のページを何回見られたかという数値になります。

「セッション」は以前「訪問数」と呼ばれていた数値になって「ユーザー」と「ページビュー」の中間に位置する数字になります。
アナリティクスの画面も見ても必ず「ユーザー」<「セッション」<「ページビュー」となっているかと思います。

「セッション」はECサイトでいうところの「来店数」とするとイメージが湧きやすいと思います。
アナリティクスでは30分以内の同一ユーザーのアクセスは1セッションです。
30分を超えた再訪問は別セッションとなり、同一ユーザーでも2セッションとなります。

アクセス解析でどの数値を伸ばすべきか?というのは一概には言えませんが
人気サイトは必ずリピーターが多いサイトでもあるので「セッション」の数字を
伸ばしていくことは非常に重要です。